サイトマップ
  1. home
  2. 製品ラインアップ
  3. システム商品
  4. ダイオキシン類除去装置
ダイオキシン類除去装置

商品詳細PDFダウンロード >

カートリッジ式ろ過膜モジュールシステム

「民提案型共同研究」として、独立行政法人土木研究所、不動建設株式会社並びにセントラルフィルター工業株式会社が共同で開発を実施。


高圧洗浄による排水処理として実施。
ダイオキシン類が付着した浮遊物質を含む排水を浄化処理する精密なろ過装置と浄化品質管理装置を備えた小型で
簡便な可般式の自動運転システム。


処理フロー

処理フロー
前処理プロセスはプレフィルターで、SS濃度が数十~数百ppmの汚濁水を数ppm程度まで除濁します。
分離処理プロセスは中間タンク、カートリッジ式ろ過膜モジュール、浄化品質管理装置で構成され、ダイオキシン類が付着した微細なコロイド分や有機物などの浮遊物質をほぼ完全に除去し、清浄なろ過水のみを外部に排出します。


カートリッジ式ろ過膜モジュール


ろ過膜モジュール

ろ過膜モジュール

カートリッジ式ろ過膜モジュールは、クロスフローろ過方式で、
汚染水は中空糸膜の内部を膜壁面に沿って流れ、ろ過膜壁が
浮遊物質の通過を阻止するので、水だけがろ過膜壁を通り抜
けてろ過膜外に透過されます。

 

処理事例


特 長

①ダイオキシン類を含む汚染排水を
排水基準値(条件によっては環境基準)
以下とする高度な排水処理が可能。

②浄化品質管理装置による汚染漏洩を防止
する品質管理システムを装備。

③凍結防止装置も備えた自動運転による
容易な運転管理。

④搬送が容易で機動性に富み、処理水量に
応じてろ過モジュール数を変えることで対応
可能な柔軟性に富むシステム。

⑤処理後の廃棄物は膜モジュール内の
濃縮水と少量のスラッジのみ。